Just another WordPress site

トップ > 活動スケジュール

活動スケジュール

7月のイベント募集を開始しました。

【小学部イベント】

日にち 7月 3日(月)

    7月 5日(水)

    7月14日(金)

時 間 10時から14時30分

場 所 〒350-0855 埼玉県川越市伊佐沼918−1(赤い屋根の家です)

 

※JR埼京線川越駅、東武東上線川越駅 西武新宿線本川越駅よりタクシーで7、8分

 川越駅からバスもあります。

※車でお越しの方は伊佐沼公園の駐車場があります。

※場所の詳細はこちらをご覧ください。

 

【当日の予定】

9時45分受付(赤いやねの家にて、詳しくは最後の地図をご覧ください)

10時活動開始

12時(目安)お昼

13時 保護者向けミニ講座

14時10分 絵本

14時30分 解散

【持ち物】 

・お弁当(買ったものでもOK) 

・水筒 

・レジャーシート

・着替え(水に濡れる可能性もあるため)

・虫取り網、魚取り網

・虫かごなど

・オペラグラス

・帽子

・虫除け

※自然の中での体験活動を大切にしたいため、

 ゲーム、ボールなどの遊び道具の持ち込みはご遠慮ください。

【対 象】 小学生のお子さまがいらっしゃる方

【参加費】 親子1組(大人1名、子ども1名)5千円

      子ども、大人、1名増えるごとに+1千円

     ※未就学児のお子様がいらっしゃる方はご一緒でも大丈夫ですが、

      小学生対象の活動のため、未就学児の保育はございません。

      保護者様の監督のもとお連れください。

     ※参加費は当日受付でお支払いください。

※申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。

※4月、5月、6月にお申し込みされた方は※の必須項目だけ

 のご記入で大丈夫です。

※初めて参加される方は全ての項目をご記入ください。

6月21日(水)のお申し込みはこちら

7月 3日(月)のお申し込みはこちら

7月 5日(水)のお申し込みはこちら

7月14日(金)のお申し込みはこちら

/////////////////////////////////////////

 

大人向け講座

6月26日(月)10:30〜12:30

テーマ

勇気づけ学園の教育

〜4、5月の子どもたちの活動をもとに〜

4月、5月の子どもたちの活動、スタッフのかかわりをもとに

勇気づけ学園で育てたい力についてお話します。

さらに、子育て相談付き!

小学校教員15年、

勇気づけ国語塾での子どもたちとのかかわり、

八ヶ岳親子塾での子どもたちとのかかわり、

全国で開催した講座でかかわった子どもたち、

そして、保護者の皆様とのかかわりという多くの経験をした

原田武敬がアドラー心理学の視点でお話させていただきます!

【場 所】 NPO法人勇気づけ学園小学部

      川越市伊佐沼918-1

【参加費】 3000円

【持ち物】 筆記用具

【内 容(予定)】

・写真で語る勇気づけ学園の教育

・子どもたちの活動について

・子どもたちが活動を通して学んでいること

・子どもたちへのかかわり方について など。

写真をもとに

どのような会話がされたのか、

どのようなかかわりをしたのかなどについて

具体的に子どもたちの活動についてお話します。

6月26日(月)の大人向け講座のお申し込みはこちらから

 

 

7月 2日(日)妊婦さんのためのお産のお話会

「NPO法人勇気づけ学園・小学部」では、

大人も学び成長していくことを大切にしています。

今回は、大人向け講座として

「妊婦さんのためのお産のお話会」を開催。

お産で大切なことはなんだろう。

1つだけあげるとしたら・・・

「どんなことがあっても赤ちゃんと自分を信じること。だいじょうぶ。きっとうまくいく」

と、今回のファシリテーターで超・超高齢出産を経験したおのさん。

でもね・・そうは、いっても・・・

「陣痛ってイタイって言うし・・」

「帝王切開になったらどうしよう・・・」

「無痛分娩じゃあだめなの・・」

不安で、不安で・・・

だいじょうぶです。

じっくりと自分の心と向き合い、思いを言葉にしてみましょう。

みんなで受け止めます。

「だいじょうぶ」と勇気がわいてくるでしょう。

■ファシリテーター

山口恵さん      おののりこさん    川嵜園子さん

◎おののりこ 

「お産カフェ」主催 勇気づけリーダー

47歳・自然妊娠・初産・自然分娩

「バースストーリー@赤ちゃんへの手紙」を自ら考案。

赤ちゃんと心を通わせる。お産では、書いたことの9割が実現。

また、「お産のふりかえりカフェ」では、自分のお産をもっと好きになれると、好評。

blog http://norimiy.hateblo.jp/ 

◎川嵜園子

「ママのための勇気づけセラピスト」

産婦人科リフレクソロジーサロンにて4000人以上の妊婦さんの施術経験を経て、自宅にて《ママのこころが軽くなる!ママのための勇気づけサロン》をはじめる。

勇気づけお茶会やメンタルリフレクソロジー、勇気づけELM講座、勇気づけ親子心理学講座SHINEなどを開き、ママのこころを軽くするため、活動中。3児の母。

Blog http://ameblo.jp/osonocotoki70/

◎山口 恵

「勇気づけ助産師」

SHINEリーダー

妊娠中の不安に寄り添い、妊婦さんの気持ちを受け止める。お産の不安を和らげる言葉かけに定評。助産師と妊婦さんとの信頼関係が育まれ、ゆったりとお産に身をゆだね、安産になることが多い。

■プログラム

10:30~受付

10:45~12:45 お産のお話会

        グループ交流

12:45~13:45 ランチタイム交流会(お弁当等持参)

■日時 7月2日(日)

■場所 NPO法人勇気づけ学園小学部

    川越市伊佐沼918-1

 

■対象 

・現在妊娠中でお産を迎える方

・これから妊娠を考えている方

・妊娠やお産の支援をしている方

(サロン・助産院・医療機関・子育て支援等)

■参加費 3000円(ランチは、持参)

※参加費の一部をNPO法人の運営賛助とさせていただきます。

■その他

・妊婦さんでお子様の連れの方お昼の時間をはさんでの講習となります。

 途中お子様のお昼等ご自由にお召し上がりください。

・お弁当持ちよりでランチタイム交流会をします。ゆっくりお話し、交流を深めましょう。


7月2日(日)妊婦さんのためのお産のお話会のお申し込みはこちら

 

 

7月7日(金)アドラー以前の良い出し名人は日本にいた!
〜勇気づけと良い出しの視点からひもとく源氏物語〜

村田あゆみさん(Shiny Edu代表、家庭教育プロポーザー)

高校教師として、3000人を超える高校生と出会いました。
生き生きと未来に向かって歩む子どもたちは、

子どものころたくさん遊び、没頭する経験を持っていました。
心と身体がつながって、自分の思いに素直に耳を傾けることが出来ていました。
学校の成績なんかでは計れない、「非認知能力」の高い子どもたちでした。

生き生きと、瞳を輝かせて日々を生きる子どもたちが増えてほしいな。

そう思ったとき、
学校ではなく、家庭を土台にした教育の大切さを感じました。

2児の母としてさくらさくらんぼに代表される自然保育を学んで、
全身の感覚を育むことの大切さと、子どもを信じ、見守る大切さを実感しました。

子育てをしていると、
目の前の子どもの成長に目をとらわれがちです。
でも、ほんの少し先の未来を思い描くことで、
今、目の前にいる子どもの成長が何倍も大切でいとおしいものであることに気づくのです。

海外の教育や、オルタナティブ教育のような自由教育、アドラー心理学を学び、子育ての道すじ、発達心理学、食育や脳科学…様々な角度から家庭教育をとらえるうちに、
もっと多くの人に、そのいとおしさを感じてもらいたくなって、
私は教職を辞しました。

「Shiny Edu」
子どもたちが輝く瞳のまま成長する教育を家庭と学校が提供していく社会をしよう
そんな思いを込めています。

親として知りたいこと、教師として伝えたいこと
その両方が分かるからこそ提案できる学びのスタイルがあります。
目線を少し遠くに向けて、未来につながる子育てをしていきましょう。
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

タイトル

アドラー以前の良い出し名人は日本にいた!
〜勇気づけと良い出しの視点からひもとく源氏物語〜

■時 間 11:00〜12:30

■場 所 NPO法人勇気づけ学園小学部

     川越市伊佐沼918-1

■持ち物 筆記用具

■参加費 3000円

高校古典で必ず取り上げられる「源氏物語」
その主人公、光源氏は実は最強の良い出し名人でした。

アドラー心理学3つのポイントで読む源氏物語。

そこには現代にも通じる勇気づけと良い出しのヒントがあふれています。

原文と翻訳マンガを使いながら、古典にアドラーマインドを学びましょう。

7月7日
勇気づけと良い出しの視点からひもとく源氏物語のお申し込みはこちら

 

 

皆様にお会いできるのを楽しみにしています^^

 

 

※場所は全てNPO法人勇気づけ学園小学部で行います。

 〒350-0855 埼玉県川越市伊佐沼918−1(赤い屋根の家です)   

※JR埼京線川越駅、東武東上線川越駅 西武新宿線本川越駅よりタクシーで7、8分

 川越駅からバスもあります。

※車でお越しの方は伊佐沼公園の駐車場があります。

※場所の詳細はこちらをご覧ください。

※お申し込みを完了すると、すぐに自動返信メールが届きます。

受信できない場合は、お手数ですが、

 info@yuukizukegakuen.comからのメールを受信できるように設定した上で、

再度お申し込みください。

 

 

6月のイベント募集を開始しました。

日にち 6月 7日(水)(この日は火起こしからの「竹筒ご飯」の予定)

    6月10日(土)

    6月21日(水)

 

時 間 10時から14時30分

 

場 所 〒350-0855 埼玉県川越市伊佐沼918−1(赤い屋根の家です)

 

※JR埼京線川越駅、東武東上線川越駅 西武新宿線本川越駅よりタクシーで7、8分

 川越駅からバスもあります。

※車でお越しの方は伊佐沼公園の駐車場があります。

※場所の詳細はこちらをご覧ください。

 

【当日の予定】

9時45分受付(赤いやねの家にて、詳しくは最後の地図をご覧ください)

10時活動開始

12時(目安)お昼

13時 保護者向けミニ講座

14時10分 絵本

14時30分 解散

 

【持ち物】 

・お弁当(買ったものでもOK) 

・水筒 

・レジャーシート

・着替え(水に濡れる可能性もあるため)

・虫取り網、魚取り網

・虫かごなど

・オペラグラス

・帽子

・虫除け

※自然の中での体験活動を大切にしたいため、

 ゲーム、ボールなどの遊び道具の持ち込みはご遠慮ください。

【対 象】 小学生のお子さまがいらっしゃる方

【定 員】 20名

 

【参加費】 親子1組(大人1名、子ども1名)5千円

      子ども、大人、1名増えるごとに+1千円

     ※未就学児のお子様がいらっしゃる方はご一緒でも大丈夫ですが、

      小学生対象の活動のため、未就学児の保育はございません。

      保護者様の責任でお願いいたします。

     ※参加費は当日受付でお支払いください。

※申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。

※4月、5月にお申し込みされた方は※の必須項目だけ

 のご記入で大丈夫です。

※初めて参加される方は全ての項目をご記入ください。

6月 7日(水)のお申し込みはこちら

 

6月10日(土)のお申し込みはこちら

 

6月21日(水)のお申し込みはこちら

 

そして・・・

6月は大人向け講座も開催します。

 

テーマ

勇気づけ学園の教育

〜4、5月の子どもたちの活動をもとに〜

4月、5月の子どもたちの活動、スタッフのかかわりをもとに

勇気づけ学園で育てたい力についてお話します。

さらに、子育て相談付き!

小学校教員15年、

勇気づけ国語塾での子どもたちとのかかわり、

八ヶ岳親子塾での子どもたちとのかかわり、

全国で開催した講座でかかわった子どもたち、

そして、保護者の皆様とのかかわりという多くの経験をした

僕がアドラー心理学の視点でお話させていただきます!

【日 時】

 平成29年6月26日(月)

 10:30〜12:30

【参加費】 3000円

【内 容(予定)】

・写真で語る勇気づけ学園の教育

・子どもたちの活動について

・子どもたちが活動を通して学んでいること

・子どもたちへのかかわり方について など。

写真をもとに

どのような会話がされたのか、

どのようなかかわりをしたのかなどについて

具体的に子どもたちの活動についてお話します。

 

大人向け講座のお申し込みはこちらから

 

皆様にお会いできるのを楽しみにしています^^

 

※お申し込みを完了すると、すぐに自動返信メールが届きます。

受信できない場合は、お手数ですが、info@yuukizukegakuen.comからのメールを受信できるように設定した上で、再度お申し込みください。

 

 

 

小学部イベントレポ

平日イベントレポ 

5月10日(水)、5月15日(月)に行ったイベント。

5月10日(水)記念すべき1回目は 小3の男の子1名(お母様と妹さん)

5月15日(月)の2回目には小1の女の子2名と小4の女の子1名

が参加してくれました。

 

子どもの「やってみたい!」という想いを大切にした活動。

そして、勇気づけのかかわり。

体験が学びになる時間。

 

o0480036013920664571

 

 

o0480036013920652492

 

o0480064113920664433

 

 

イベントレポです。

子どもたちの可愛い表情をご覧くださいね。

 

平日コースはこちら

 

土日コースはこちら

 

 

 

 

 

 

ご報告

 

ご報告

学校ってなんだろう? 学校に行かないことは悪いこと??

 

先日お伝えした通り、活動拠点に考えていた場所が最後の最後で白紙に返ってしまいました。

それまでとても好意的に相談に乗っていただいていただけに私たちも大変なショックを受けています。

 

先方のトップの方がおっしゃった最も大きな問題、

それは、勇気づけ学園が義務教育年齢の子どもたちを義務教育機関に行かせないことでした。

親には就学義務がある以上、学校のある時間帯に子どもたちが勇気づけ学園にいるのは法律違反になるだろうというご意見です。

もちろん実際には法律違反ではありません。

むしろ今、政府はフリースクールなど学校以外の学びの場に積極的な支援に乗り出しています。

しかしながら、世間的にはまだ「子どもは学校に通うべき存在である」という認識が残っているということを目の当たりにする出来事でした。

 

たしかに、憲法第26条第2項で「すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。」と規定されています。

 

つまり、

保護者は子どもに教育を受けさせる義務があるわけですね。

 

一方で、子どもの立場についてはどう規定されているかというと、同じく憲法第26条第1項に「すべての国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、等しく教育を受ける権利を有する」と規定されています。

また、1985年に採択されたユネスコ「学習権宣言」では、「学習権は、人間の生存にとって不可欠な手段である。」とされています。

 

すべての国民が教育を受ける権利があり、しかも学習権というのは「生存にとって不可欠な手段」であるというのです。 

 

 

日本には、1条校といって国が認めたカリキュラムに則った授業を行う学校が「学校」として認められています。

裏返すと、それ以外のカリキュラムの学校は(教育特区などの特例を除き)、「学校」として認められていないのが現状です。

 

実はこれは世界的には非常に特異なスタイルです。

多くの国で、多様なカリキュラムの学校が「学校」として認められていて、子どもたちは自分に合ったスタイルの「学校」を選択することが出来ます。

 

 

近年、子どもたちを取り巻く環境は大きく変容しており、それに伴って子どもたちの学びも多様化しています。

その中で、依然として「学校」は古くからのスタイルを崩すことなく継続してきています。

 

 

子どもたちは多様化しているのに「学校」は単一のスタイルのものしかないのが日本の現状なのです。

そこに合わない子どもたちは学習権を行使することが出来ないのが、今の日本です。

 

つまり、
従来の「学校」で行われてきている、一斉授業スタイル、単一のカリキュラムや、賞罰による指導といった画一的なスタイルでは、もはや一人ひとりの子どもたちが持つ才能を発揮し、それを伸ばすことができなくなっているのです。

子ども一人ひとりに目を向けた学びの場が、今はほとんどない。
それが現状なのです。

 

 

私たちは、今回の一件から改めて考えさせられました。

 

 

学校とはどんな場所なんだろう?

 

学校って何を学ぶところ?

 

どうして学校に行くの?

 

学校に行かないのは悪いこと?

 

なんで勉強するの?

 

学ぶことって楽しいの?

 

 

 

今まで当たり前だった、

毎日学校に行って、みんなと同じ教科書でみんなと一緒に授業を受けてみんなと同じように問題を解く。

 

そんな日々にほんのちょっとでも疑問を感じることがあったなら、

私たちと一緒に「学ぶこと」について考えてみませんか?

 

 

 

あなたが感じている小さな疑問はどんなことですか?

 

お子さんが感じている小さな疑問はどんなことですか?

 

 

ぜひ聞かせてください。

  

そして、

一緒に考えていきましょう。

 

 

この疑問には一つの正解なんてありません。

 

どれが正しくてどれが間違いなんて

誰も決めることは出来ません。

 

 

けれど、

子どもにとって今一番大切にしたいことは何かを

みんなで考えていきたいのです。

 

 

子どもたちが学ぶ楽しさを感じられる場を

日本中に広げていきたいのです。

 

 

それが私たちの願いです。

 ご支援いただいている皆さま、

ご関心を寄せてくださっている皆さま、

日本の教育を考えている皆さまと一緒に、

学校の在り方、子どもたちが学びの主体となれる学校づくりを進めてまいります。

どうぞ今後とも変わらぬご支援ご協力のほどよろしくお願いいたします。 

 

 

今までの活動のあゆみ(2011年〜2016年)

勇気づけ学園小学部体験イベントスケジュール

4月〜7月は体験入学期間とし、徐々に全日制の学校を目指していきます。

小学部の体験入学日で使用したり、大人向け講座で使用したりすることができます。

(大人向け講座につきましては、日程が決まり次第お知らせいたします。)

 

4月は、4月22日(土)、28日(金)です。

5月以降の日程は以下の通りです。

【5月以降の活動日】

5月10日(水)、12日(金)、15日(月)、28日(日)、31日(水)

6月 7日(水)、10日(土)、21日(水)、26日(月)
7月 3日(月)、5日(水)、14日(金)

 

※体験入学期間中の時間は10:00〜14:30とします。
※体験入学期間はお好きな時にお越しください。複数回でもOKです。

※参加方法・・・当日参加費をお支払いください。

※対象・・・小学生(とその保護者さま)

 

小学部体験活動日決定

4月から7月の小学部体験活動日程(予定)が決まりました!
【活動日】
4月22日(土)、28日(金)
5月10日(水)、12日(金)、15日(月)、28日(日)、31日(水)
6月 7日(水)、10日(土)、21日(水)、26日(月)
7月 3日(月)、5日(水)、14日(金)

 

※体験入学期間中の時間は10:00〜14:30とします。
※連休明けからは校舎が使えます。
※体験入学期間はお好きな時にお越しください。複数回でもOKです。

 

 

 

 

私たちの想い

 

勇気づけ学園小学部2017年開校&原点となる想い

 

現在勇気づけ学園小学校を創設する土地を探しています。

私たちの想いに共感してくださった皆様と一緒に

日本初のアドラー心理学をもとにした小学校を作りませんか?

学校建設用の土地を買い、建物を建てるには莫大な資金が必要です。

その資金をクラウドファンディングで募る準備を今しているところです。
 

 

勇気づけ学園小学校は2017年4月開校です。

仮の建物(民家など)を探していますが、

見つからなかった場合は

青空教室から始めます。

埼玉県狭山市、入間市、川越市近隣の森、雑木林にタープを張って活動を始めます。

 

【教育談義】

スタッフミーティング 2017.1.16

 

勇気づけ学園説明会  

【日時】2017年

2月15日(水)10:30〜12:00

2月18日(土)13:30〜15:00

3月 5日(日)10:30〜12:00

3月18日(土)13:30〜15:00

 

【場所】株式会社HeartySmile / 勇気づけ国語塾 / NPO法人勇気づけ学園
〒354-0035
埼玉県富士見市ふじみ野西1-4-1
アーバンノース1F

(クリックするとGooglemapで表示されます)

 

勇気づけほいくえん&勇気づけ学園小学部コラボ企画2

前回好評だったコラボ企画!

2017年

【1月22日】勇気づけほいくえん&勇気づけ学園小学部@埼玉狭山稲荷山公園 決定

詳細はこちら

 

詳細が決まりましたらお知らせします。

 

2016年

 

勇気づけほいくえん&勇気づけ学園小学部コラボ企画

2016年11月14日(月)埼玉県さいたま市秋ヶ瀬公園

勇気づけほいくえん&勇気づけ学園小学部コラボ企画を実施しました。

 

テーマは

自分で考えて、自分で決めて、自分で行動すること

 

o0480036013798590751 

 

自分でやってみたいと思うことは何かを考え、

やってみよう!と決めて、

行動してみる時間。

一人でやってみてもOK

仲間とやってみてもOK

o0480067313798590759  o0480064113797995782 

 

 o0480038913798590779  o0480036013798590754    

 

o0480039413798590767

 

 

そして、

子ども達に全部任せたポップコーン作り 

火を起こし、

o0480036013797995762

 

作り方を読んで

o0480064113799062280

 

 

o0480039013798590803

 

出来上がり

o0480044213798590812 

 

年下の子を思いやる優しさも。

o0480064113799062289

 

最後は絵本の読み聞かせ

今日の活動と本がつながる時間
そして自分を振り返る時間

 

o0480037613798656262

 

勇気づけ八ヶ岳親子塾

8月5日〜7日(金〜日)

長野県八千穂高原にて小学生とその保護者を対象とした

勇気づけ八ヶ岳親子塾を開催しました。

 

 

学園設立への思い、
八ヶ岳親子塾の様子はこちら

 

 

 

 

勇気づけ森のほいくえん

8月3〜4日(水、木)

長野県八千穂高原駒出池キャンプ場で

0歳~6歳の子どもと、その保護者を対象とした

勇気づけ森のほいくえんを開催しました。