Just another WordPress site

トップ > スタッフ紹介

スタッフ紹介

理事長 原田武敬(はらだ たけひろ)

【プロフィール】

勇気づけ国語塾塾長

NPO法人勇気づけ学園

理事長

【コメント】
現在、勇気づけ国語塾塾長、NPO法人勇気づけ学園理事長

もと埼玉県公立小学校教員。15年間、埼玉県公立小学校教員を経験した後、2015年3月に退職。在職中はアドラー心理学の理論をベースに、クラス会議を中心にした学級経営を行い、市の教育研究会で毎年実践発表した。


2015年4月に、子どもたちのやる気を引き出し、自信をつけ、国語力だけでなく、心も育てる学習塾を設立。


知的好奇心を刺激し、ユーモアのある授業で、子どもたちがもっている「学びたい!」「知りたい!」という気持ちを引き出す。そして、勇気づけのかかわりで、子どもたちの学習意欲を喚起し、読解力、思考力、表現力、語彙力を高めながら、自分に自信をもてる子どもたちを育てている。 出張勇気づけ国語塾を福岡、宮崎、大阪、名古屋、新潟、京都で実施。

 

名古屋、大阪、福岡、宮崎、新潟など、全国でも小学生向けの講座を開催。
2013年から毎年8月に長野県八千穂高原で勇気づけ親子合宿を主催している。

 

理事 太田修平(おおた しゅうへい)

oota【プロフィール】

小学校の教師生活10年

現在、勇気づけをベースとした保育園を設立準備中

【コメント】

埼玉県小学校教師として、その1年目にアドラー心理学に出会い、アドラー心理学をベースとした学級づくりやクラス会議に取り組み、子どもの自主性を伸ばすことを大切にしてきた。

 

また、絵本の読み聞かせで、子どもとのあたたかい時間とその笑顔を見ることを喜びに感じる毎日を送っていた。

しかし、アドラー心理学を学んでいても、それを活用できる時とできない時があり、活用できるときは共通点があることに気づく。

 

それは、自分自身を勇気づけできているときであり、そんな時、クラスも子どもも伸びていった。

この経験から、子どもだけでなく、大人にも焦点をあてて勇気づけを伝えていくことが大事だと実感。

 

10年勤めた教員を退職し、現在は勇気づけをベースとしたほいくえんを創る準備中。

 

理事 大羽加奈里(おおば かなり)

obakanari

【プロフィール】

勇気づけ保育士・整体師・セラピスト・整体院サロンこあ・森のようちえんごろすけ保育士

 

公式ブログ

http://ameblo.jp/canary518/

 
1976年生まれ。

茨城県下妻市在住。

男女二児の母。

【コメント】

高度成長時代の東京に生まれ育ちつつも、自然好きが高じ、環境を守る仕事がしたいと環境を浄化する微生物の研究に従事する。連日残業も厭わない仕事人間だったが、出産を契機に本当に自分のやりたいことは子どもと自然と関わることだと知る。

会社勤めをしながら保育士・整体師・ヨガの勉強をしてのち独立。自宅サロンを営みながら茨城の自然のなかで毎日外遊びを実践する自主保育で長男とともに過ごす。第二子出産を機に引っ越し、その後0歳児担任として私立保育園に勤務。

 

勇気づけの関わりと整体的な身体指導で子どもがみるみる変わる様を目の当たりにする。

現在、保育園で子育て支援の仕事を続けつつ、緑ゆたかな里山にて森のようちえんの活動を行っている。赤ちゃんからの山遊びなど親子で参加できる外遊び企画も人気。

 

子どもは外遊びを通して自分で生きる力のある子に育つ!という信念で、赤ちゃんからの積極的な外遊びを提唱している。自然の中でキラキラ輝く子どもの目が一番の宝物。

8年前に原田綾子と出逢い以後アドラーの教えに惚れ勇気づけを学ぶ。一番の変化が自分自身への信頼が育ったこと。自分が嫌いで何も行動できないと思っていた自分をまるごと受け入れられたとき、子どもが家族が変わっていった。自分への、家族への、そして子どもたちへの、ゆるぎない信頼を与えてくれたのがアドラー心理学。以後、勇気づけが自身の軸のひとつとなり、自分を支え続けている。

 

理事 齊藤洋子(さいとう ようこ)

【プロフィール】

勇気づけ森のようちえんエルム 園長
勇気づけ親子心理学講座講師

 

公式ブログ

http://ameblo.jp/mori-no-youchien

【コメント】

アメリカ、カリフォルニア州にあるPasadena City Collegeで幼児教育を専攻しライセンスを修得。その後現地のPre-schoolで見守る保育をみっちり仕込まれる。帰国後は、インターナショナルスクールで色々な国の子どもたちと見守る保育をベースに毎日が発見の日々を楽しく過ごす。関わった子どもはおよそ800名をこえる。保育のお仕事は私にとっての天職と実感。出産を機に17年間の転職である保育の仕事に幕を閉じる。

自分の息子には2年保育で幼稚園に入園するまで、自然の中で育児を行った。

 

現在は週一回のペースで勇気づけ森のようちえんエルムの園長として息子が小学校1年生の時に出会い学び始めたアドラー心理学、勇気づけをベースに自然の中で五感をフル活用し、体全体を使って体幹をみがき自然を通して生きる力を育むをモットーに見守る保育をしています。プラスアメリカとインターの経験をとりいれ、手遊びや歌などは英語で行っています。

 

アドラーの魅力と自分の変化

相互信頼、相互尊敬という横の関係を築くことがとても大切だなと思い、アドラーを学んだ後は大事なポイントとして実践しています。また自分の人生は自分で選ぶ事、自分を大切にするという事も大切にしています。

 

これらの事を実践していく中、子育てがよりスムーズに更に楽しくできています。また、どんな自分にもOKが出せるから、肩肘張っている必要がないので毎日がよりハッピーになりました。

 

原田綾子(はらだ あやこ)

【プロフィール】

勇気づけの親子教育専門家
株式会社HeartySmile 代表取締役

【コメント】

小学校教員時代、前年度、いわゆる学級崩壊状態だったクラスを引き継ぎ担任。様々な問題と向き合うことになり学級経営を研究。そのとき、抜群の効果をもたらしたのが「勇気づけの子育て」(アドラー心理学)だった。

結果、学級内にめまぐるしい変化が起こり、感動的な体験をする。

子どもを伸ばすには母親自身の心がイキイキとしていることが重要だと気づき、教員退職後、「勇気づけ」をベースとした子育て講座、講演活動を開始。

子どもへの関わりかただけではなく母親の心のありかたに焦点を当てたオリジナル講座は「自分に自信が持てる」「心が元気になる」「子育てに迷いがなくなった」「子どもが変わった」と好評で関東のみならず、全国各地からの受講生も多数。

8年間で、延べ1万人以上に勇気づけを伝えている(2015年6月現在)。

 

石橋真子(いしばし まさこ)

【プロフィール】

大阪府堺市在住 二児の母

1人目の子育てで今までにないくらいイライラ怒鳴ってばかりの毎日に自己嫌悪に陥っていました。
状況を変えたくて育児書や講演などで学んでいる時にアドラー心理学の勇気づけ子育てに出会い、実践。
するとイライラが激減し、子どもとの関係も良くなり、子育てだけでなく全てのことがラクになりました。
現在は、ママ向けに勇気づけ講座、講演活動をしています。
また、勇気づけに子どもの時から触れ合えたら、自分に自信がつき生きる力を身につけることができる!(=幸せな未来)と思い、小学生向けに勇気づけ講座、子ども会議も開催。
子どもたちの無限の可能性を目の当たりにし、私自身も勇気づけられています。

 

勇気づけの好きなところ
いつでも、「今、ここから」を考える視点。
勇気づけに出会う前は、過去のことや未来のことを考えて落ち込んだり悩んだりばかりでした。
でも、「今、ここから」を意識するようになって、切替が早くなり、悩まなくなりました。とってもらくチンです。

 

長谷静香(はせ しずか)

【プロフィール】

勇気づけ親子心理学講座講師(SMILEリーダー・ELMトレーナー)・看護師・保育士・ベビーサイン講師
勇気のしずく 代表

 

公式ブログ
http://ameblo.jp/tsukuba-yuukiduke/
 
1972年生 茨城県つくば市在住(福岡県出身)
3児の母 

【コメント】

看護師10年、ベビーサイン講師10年、乳幼児コミュニケーションのプロとして、900名以上の親子と関わる。
長女が4歳、次女が1歳の時、子育てに行き詰まる。
下の子が生まれるまでは、とても大切に思っていた上の子への気持ちが変わっていく。
どうしていいか分からない・・・。そんな時に、勇気づけに出会う。
アドラー心理学を学び、自分自身、そして家族にも変化が起こった。
リーダー資格を取得後、講座を開講。


受講生様にもどんどん変化がでて、勇気づけ講座講師を天職と思えるほどに。
誰かを勇気づけるためには、まずは、自分自身の心のボトルを勇気のしずくで満たすこと。
満タンになって、あふれこぼれたひとしずくが、他の人にも波紋を広げていく。
心のボトルを満たすお手伝いがしたいという想いを込めて活動している。
現在、子育てママ、看護師、看護学生、保育士、幼稚園教諭、養護教諭向けなどの研修、講座、講演を多数開催。

 

アドラー心理学の魅力、自分の変化など
自分の思考の癖を知り、心がゆるみ、不完全な自分も受け入れられるようになったことが、とても大きい。

 

三宅美絵子(みやけみえこ)

【プロフィール】 

笑顔の子育て教室「blue bird」主宰
一般社団法人ベビーサイン協会 マスター講師
ヒューマン・ギルド専任 SMILEリーダー

 

公式ブログ
http://ameblo.jp/mitamieko/
 
1970年生 千葉県佐倉市在住 2児の母

【コメント】

ベビーサインと勇気づけを通して、お母さんとお子さんの笑顔を増やす
お手伝いをしています。
まだお話の出来ない赤ちゃんの頃から、それぞれ「個」としての、輝きを持っています。


その子どもの目で見て、子どもの耳で聴いて、子どもの心で感じることを大切にすること。
また、自分自身を知って自分を大切にすることで、もっと大好きな、なりたい自分になるためのお話を講座、講演、お教室を通してさせていただいています。
子育ての前提を、大変⇒楽しい・自分を成長させてくれるものへと変えていきます!
自分のことが大好き!と言えるお母さん、お子さんを増やしていきたいです。
出会えてよかった、とお母さんたちの居場所になれることが、私の元気の源です♪

 

アドラー心理学の魅力
私がアドラー心理学の好きなところは、「常に愛を持って、前に進む」点です。
自分を信じて、周りを信じて、そして周りと協力して、未来を自分の力で創っていく考え方に魅力を感じています。
自分の見方を変えると、周りに溢れている愛が見えてきます♪

 

嶋尾かの子(しまお かのこ)

【プロフィール】

アドラー心理学ELM講座(勇気づけを学ぶ)講師、企業研修講師。
芸術文学博士(大阪芸術大学博士課程修了)

過去には大学での異文化理解の講師も経験。

 

Your progress 主宰

https://yourprogress.amebaownd.com
1978年生 東京都大田区在住 2児の小学生の母

【コメント】

東南アジア最貧国と云われるラオスに5年間滞在し民族音楽学と文化人類学の二方向から「伝統音楽」を研究。


そこから導かれた

【他文化を知る→自文化を知る→自分を知る】というプロセスを経てさまざまなものの見方の存在に興味を持ち、「幸せを感じるものの見方」の探求が始まる。

 

同時期に出会ったアドラー心理学で「幸せを感じるものの見方」の軸を得たことにより、それまで感じていた他人にコントロールされた人生から、穏やかで精神的に自立した人生へと変化する。

 

その後アドラー心理学、自らのがん克服での気づきを統合。

第一線で働くビジネスパーソンを対象に「心地いい人間関係を育む」をモットーにして勇気づけ、共同体感覚を重視した人材育成の手法を、企業での研修、講座、セミナー、個人セッションで提供している。


アドラー心理学の魅力

何と言っても目的論のアプローチで視点の変換が起きること!

 

一尾茂疋(いちお しげひこ)

ichio

【プロフィール】

 一尾塾 塾長

http://www.ichiojuku.com

 

自主学校 瀬戸ツクルスクール 運営責任者 

http://setotkrschool.jimdo.com/

 
アクティブ・ブレイン・セミナー認定講師 

http://www.oda-abs.com/
 
1975年生 愛知県瀬戸市在住 2児の父

【コメント】

10年間サラリーマンとして様々な業種、職種を経験。

これからの社会を生き抜くための力を育む教育の必要性を痛感。その中心概念となりえるだけの力強さを持ったアドラー心理学と出会う。

 

2009年に私塾で独立開業してからは、小中学生~大学生、保護者、教員、社会人にアドラー心理学を中心とした講座を開催。

 

2014年からは、子どもたちが生き生きと毎日を過ごすことができ、さらに、これからの時代において幸せに生きていけるような地域社会とキャリアの在り方をつくるために自主学校瀬戸ツクルスクールを創立。

新しい公教育の形に向けて活動している。

アドラー心理学の魅力

「教育は社会を変える力を持っている」というアドラーの強い思いが含まれているところに魅かれている。また、人間独特の可能性を心から信頼している考え方や未来思考であることも大きな魅力。

自分の変化

アドラー心理学を自分の行っている教育の中心にすることで、土台と目的がはっきりし、自分の教育実践に安定感をもたらした。それにより、様々な実践にも挑戦できるようになった。

 

春木恵(はるき めぐみ)

haruki

【プロフィール】

HeartySmile認定親子心理学講師


IHTA国際ホリスティックセラピー協会認定ヨガインストラクター

 

公式ブログ

http://ameblo.jp/cocotane-blog/

 

1975年生まれ。福岡県出身。大阪在住。
9歳・6歳・1歳、3人の男の子の母。

【コメント】

結婚情報誌の制作ディレクターとして10年勤務。
クリエイティブ力の高い同僚に囲まれて、普通すぎる自分に自信がもてない日々を送る。
子育ても、うまくいかないことの連続で、仕事もダメ、子育てもダメ…と、さらに自信をなくす。
私のような大人に育ててはいけないと、息子を褒めて伸ばそうとするものの、ダメ出しばかりで、イライラ怒鳴る毎日。
ワラにもすがる思いで「勇気づけ講座」を受講。
失敗しないように生きてきた自分、自信のなさを親のせいにしていた自分に気づく。


息子たちには、自分で夢をみつけて行動できる大人になってほしい、と強く思い、まずは自分が夢を叶える人生を送ることを決意。
会社を退職し、大好きなヨガの勉強をはじめ、子連れママ向けのヨガ教室をスタート。

 

「穏やかなママになる」をコンセプトに、5年で750組のママを癒す。
2013年より勇気づけ講座も開始。「子育ての迷いが楽しみに変わった」「怒鳴ることが減った」「楽になった」と好評。
ライター経験をいかした『勇気づけメルマガ』は読者数500名を超え、「やさしい言葉に癒される」「穏やかな気持ちになれる」と、全国から喜びの感想が届く。
キッズチアダンス教室、小学校の家庭教育学級、幼稚園の保護者会といった講演依頼も多数。

 

アドラー心理学の魅力
2015年に、三男を出産。重度の先天性心疾患があり、自分を責める苦しさを体験。自己勇気づけのエネルギーを痛感する。
苦難を乗り越えた三男と一緒に勇気づけを伝えたいと感じ、保育スタッフつきで「勇気づけ講座」をリスタート。
勇気づけに出会う前の自信のなさがウソのように、やりたいことに前向きな自分に驚いている。
家族のサポートも強力で、苦手な実母とのわだかまりがとけてきたことも、今後の活動にいかしていきたい。

 

丸山郁美(まるやま いくみ)

maruyama

【プロフィール】

勇気づけホームオーガナイザー
ジブンスキーライフ 代表

 

公式サイト
http://kigaru-okataduke.seesaa.net/

 

1979年生 東京都中野区在住 2児の母

【コメント】

大学卒業後、ホテル業界に就職するが、妊娠と同時に退職。
幸せな家庭を夢見たのも束の間、子育てが始まってから思うように部屋を整えることができなくなり、イライラママに。
イライラを何とかしたい一心でモノを捨て、部屋を片づけ始めるが、部屋が片づいたとたん、今度は散らかす家族を責めるようになってしまう。
通常の片づけノウハウだけでは幸せな家庭は築けないことを実感し、2008年からアドラー心理学のコミュニケーション手法を片づけに取り入れる。
結果、家族みんなの心にゆとりが生まれ、家のどこを見回しても「快」の感情しか感じられない協力し合える家庭を作り上げる。
毎日笑顔でいられる気持ちよさと、家族を勇気づける大切さを伝えるため、お片づけのプロとして活動を開始。
「自分にもできそう!」「自分を肯定してあげられた!」「心が軽くなりました!」と片づけに悩む人々に勇気と自信を届けている。


アドラー心理学の魅力
アドラー心理学と出会って、感情がコロコロとよく動く自分を受け入れられるようになりました!
自己勇気づけによって自分自身が一番の味方でいられて、未来の可能性に溢れているところが大好きです!

 

村田あゆみ(むらた あゆみ)

murata

【プロフィール】

Shiny Edu代表

教育プロポーザー(学びの提案家)

 

JAOS認定留学アドバイザー

アドラー心理学ELMリーダー講師

アドラー心理学SHINEリーダー講師

 

公式ブログ

http://ameblo.jp/wearehappysunshine

【コメント】

「考える力×発信力+共感力」を伸ばすアドラー流勇気づけコミュニケーションをご提案し、子供たちが自信をもって自分で自分の人生を切り開く力を育てる方法を伝えるスペシャリスト。

勇気づけコミュニケーションをベースに、18年間高校教員として見てきた高校生の姿を伝えることで「目線をあげた子育て」が出来るアプローチを保護者に広めている。

 

18年間、神奈川県、埼玉県の私立中高で国語科教諭として勤務。

教科指導の他、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オセアニアでの海外研修引率、国際理解教育、留学生指導を行なう。海外の教育、教員の姿勢の違いを学び、日本の一斉学習スタイルに疑問を抱いたことがShiny Eduを立ち上げた原点となる。

教員時代は子供たちの多様性を発揮できるように学び合いや生徒主体の授業スタイルを構築し、自分に自信をもって発信できる力を育んできた。

また、18年間の中で高校生の姿勢やマインドの変化を目の当たりにし家庭教育の大切さを実感し、学びの環境を教室と家庭の両方で整えていくことを発信し続けた。

 

こうした経験から、子供たちが生き生きと輝いて学ぶためには保護者と学校が共に子供たちを尊敬、信頼して見守ることの大切さを双方に伝えている。さらには、公教育に多様性をもたらし、自分の学びを自分で選択できる社会の実現のためにオルタナティブ教育やアクティブ・ラーニングなどの普及にも努めている。

 

「人には無限の可能性がある」

「人はいつでも変わることができる」

 

 この二つがアドラーの言葉の中でも特に気に入っています。

 私たちはいつでも無限の可能性に挑戦する勇気をもつことができる。自分の人生を自分の手で切り拓いていける。いつもこの言葉に勇気づけられて前進しています。

 

百瀬裕子(ももせ ゆうこ)

momose【プロフィール】

プロカラーセラピスト&ティーチャー
カラーコーディネーター
パステル和アート認定講師
数秘&カラープレゼンター

アドラー心理学ELMリーダー

公式ブログ
http://ameblo.jp/hinanomomo/

色を使って、魅力的な自分になる方法をお伝えしています。

 

カラーセラピー、パーソナルカラー、パステル和アート・数秘カラーを軸に、個人的なカウンセリングをはじめ、各種講座、イベントへの出展、カラーセラピスト・パステル和アートインストラクターの育成などを行っています。

 

心に寄り添い、外見・内面共に自分らしく輝き自信を持って前進する方を応援しています。


アドラー心理学と出会い、より自分を好きになり自信を持つことができ、子育てが楽しくなりました。

 

自分軸をもて、周りに振り回されることが減りにこにこママになりました。

 

 

岩永宣寛(いわなが のぶひろ)

iwanaga

【プロフィール】

ボランティア団体「ピースホームママサークル」代表

【コメント】

福祉大学を卒業後、IT企業のシステムエンジニア、介護施設の管理者、現在住宅会社の住宅アドバイザーとして従事。


地元宮崎に10年ぶりに戻り地域貢献を行うべくボランティア団体「ピースホームママサークル」を設立。


住宅会社の事務所にあるフリースペースを無料で地域に解放するサービスを展開し、去年1年間で144組のママたちに利用いただき、17組のイベンターと54イベントを実施。

現在は行政ともコラボしながらイベントを開催。

 

地域貢献のために、まずは地域のママたちが元気にする、そのためにイベンターの発掘とサポートを行い、その際イベンターの勇気づけを行う。

 

鈴木 三穂子(すずき みほこ)

suzuki

【プロフィール】

アドラー心理学講座「HARVEST」

女と男のアドラー心理学講座「REARISE」

女性を勇気づける「5つの心と体の輝き習慣講座」

などオリジナル講座を主催。

 

公式ブログ

http://ameblo.jp/mihoko3516/

 

26歳の息子と二人暮らし

【コメント】

07年よりアドラー心理学の目的論、対人関係論、共同体感覚をベースにした「勇気づけ」ELMトレーナー養成講座を開発。

 

全国各地で活躍する「勇気づけ」指導者は1000名に及ぶ。アドラー派の特徴である対話によるカウンセリングを得意とする。恋愛、結婚、子育て、職場など対人関係の悩みを持つ相談者を「勇気づけ」具体的な打ち手を構築してゆく手腕が支持されている。38歳の時、2年の介護の末に40歳の夫を看取る。

 

すべての出来事は必然であり越えられない困難はないと信じ人を勇気づけることを使命とする。現在は、実母との関係改善と介護経験を活かし、高齢の親との関係を勇気づけるアドラー心理学講座「HARVEST」、女と男のアドラー心理学講座「REARISE」、女性を勇気づける「5つの心と体の輝き習慣講座」などオリジナル講座を主催。

 

過去の講演 東京都港区教育委員会港区生活学校連絡協議会、港区立新橋児童館、港区役所、聖心女子大学、(社)日本経済団体連合会、川口市看護協会、株式会社読売広告社、株式会社D2C、港区立赤坂中学校など

 

たとえどんなに過酷なことが「今」起こっていたとしても、それをどう捉えるかは私たちの「自由」です。たとえば、何かのせいにして、かわいそうな自分になることもできます。

でも、この身に起こる出来事は、自分にピッタリの課題かもしれない。そう思ったとき、私の世界は変わりました。私たちは課題を解決する力をすでに持っています。考えているよりも自分の力を信じて行動する方が、実はずっと簡単です。是非一緒に学びましょう!